スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- |





アートアクアリウム展~大阪・金魚の艶~

大阪会場の入り口付近に特別水槽がありました

アートアクアリウム展10周年記念と

ファインディング・ドリーのスペシャルタッグ

特別展示では、金魚ではなく

ナンヨウハギドリー)とカクレクマノミニモ)で彩られる作品が展示

映画ファインディング・ドリーの公開記念展示

金魚とか違い動きが早いので撮るの難しかったぁ~(>_<)

にほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加してますポチッと押して貰えると嬉しいです(m_m)
スポンサーサイト
2016.07.17 | C:4 | T:0







アートアクアリウム展~大阪・金魚の艶~

大阪会場初登場作品

インフィニトリアム

今回の会場は広くて各作品が見やすかったです
今回の会場の特徴は二階からも見れます
今年は金魚の数も増え、その数8000匹

★その金魚は、どこから持って来てるのか?★

日本には金魚の二大名産地と呼ばれる場所があります
愛知県弥富市と奈良県大和郡山市

なかでも日本最大級の
金魚の生産地と呼ばれているのが愛知県の弥富市

天然のバクテリアが豊富なその水質が
高品質な金魚を生産することができます。
日本にいる全品種が揃うと言われているほどの名産地

★創業100年の老舗金魚卸売り店マルウ★

50mプール2つ分の広大な敷地で飼育される金魚の数は10万匹

アートアクアリウムを初開催した
10年前からこのお店の高品質の金魚に惚れ込み
毎年足を運び金魚を厳選しています
8000匹の内4000匹はマルウで厳選した金魚

金魚はビニール袋に入れ
段ボールに詰められて各会場に運ばれて来る
長時間安全に金魚を輸送する3つの秘密があります

★輸送中金魚にフンをさせない★

金魚には泳げば泳ぐほどフンをする習性がある
その習性を利用し出荷の
6時間前に水流を作り出す特殊な水槽でたくさん泳がせ
移動中にフンをさせないようにしています

★金魚を守る魔法の魚病薬水★

金魚は袋の中で泳ぎ続けていると
ヒレやうろこがこすれてケガをする可能性があります
魚病薬と呼ばれる粉末の薬を水に混ぜ
傷が治るようにしています

★ビニール袋に3分の2の酸素★

輸送代節約のために袋いっぱいに金魚を入れるかと思いきや
命を優先し、3分の2に酸素を入れます

届いた金魚はすぐには金魚鉢へは入れずに、まず別の容器に入れ、
少しずつ金魚鉢の水を加えていき、
徐々に金魚鉢の水に慣れさせていきます
金魚の粘膜を傷つけないように
1匹1匹素手で金魚鉢に入れていきます

にほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加してますポチッと押して貰えると嬉しいです(m_m)
2016.07.16 | C:2 | T:0







アートアクアリウム展~大阪・金魚の艶~

三年ぶりに大阪会場に登場

Oiran/花魁巨大金魚鉢)★

1000匹の金魚が泳ぐ世界最大級の金魚鉢

江戸の遊郭を表現してます

乱舞する金魚花魁とそれを目指す女達を表しています

七色に変化するライティングは江戸花街の艶やかさを演出しています


この金魚鉢のさらに大きくしたバージョンが

今年、東京会場で見れます

そう!昨日、言っていた都内マンションが買える位の値段の作品

この大きさでは搬入出来ないので全て組み立てます

会場で一度に使用する水は40トンほどで水道水を使用しています。

水漏れに注意しながらトイレの蛇口を使って

300リットルのタンクに水を溜めます

タンクがいっぱいになったら会場に持って行き

ポンプで金魚鉢に水を入れます。


★展示している間なぜ水が汚れない?★

天然のサンゴ砂を敷き詰める
金魚のエサやフンで汚れた水槽の水を中性に変え
水の環境を整える役割があります。

その上に吸着炉材と呼ばれる
金魚が出すフンやエサの食べ残しを分解する
バクテリアの住処を配置

活性炭を入れ、水の黄ばみや嫌な臭いを防止
さらに綿を敷くことでフンや大きなゴミを取り除きます

これをすべての金魚鉢に取り付けることで
1日3回エサを食べる金魚がいくらフンをしても
汚れ1つない作品を楽しむことができます

明日は金魚はどこから持って来てるのかを書きますね

にほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加してますポチッと押して貰えると嬉しいです(m_m)
2016.07.15 | C:4 | T:0







アートアクアリウム展~大阪・金魚の艶~

こちらは昨年も登場した作品

Bonborium 雪洞ボンボリウム)★

アクアリウムを照明にみたてたシリーズ

江戸時代から現代に至るまで親しまれている雪洞をイメージした作品

雪洞のもつかわいらしさを強調し

ぼんやりと照らし出される金魚と、ゆっくりと移り変わる光の競演

三枚目の奥に見える水槽は明日にでも詳しく

昨日、「おじゃMAP!!」でアートアクアリウム展の裏側を放送してました

会場に作品の設営から金魚の搬入、水槽に、どうやって水を入れるか

何リットルの水が必要か、金魚は、どこから持って来てるか、などなど

東京会場でしたけど裏側を見れて面白かったです。

東京会場の一番大きな水槽(作品)は?

都内にマンションが買える位の値段だそうです( ・_・;)

にほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加してますポチッと押して貰えると嬉しいです(m_m)
2016.07.14 | C:4 | T:0







アートアクアリウム展~大阪・金魚の艶~

一枚目の写真は大阪会場では何回か登場してます。

プリズリウムNo.12★(一枚目の写真)

巨大な12面の水槽はダイヤモンドの様に輝き

水槽内部に映り込む魚の群れと照明に投射された映像が

乱反射してプリズム効果を生む作品


二枚目と三枚目は大阪会場初登場作品

残念ながら作品名は分かりません(>_<)

三枚目の作品の丸い穴の様な所は虫眼鏡の様になってて

水槽の中の金魚が大きく良く見えます

にほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加してますポチッと押して貰えると嬉しいです(m_m)
2016.07.13 | C:2 | T:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。