スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- |



暑中お見舞い申し上げます

いつも、コメント&ご訪問ありがとうございます

暑い日が続いてますけど熱中症等、体調には、気をつけて下さいね

特に写真撮影は集中するので水分補給は、しないとですね

6月7月は更新があまり出来ず写真も撮れずでした

しばらくは、こういう状態が続くかもですけど

これからも宜しくお願いします

             2015 盛夏
        
                    ぶっちゃー





長居植物園にて

向日葵ひまわり)★

菊(きく)科

ヒマワリ

北アメリカ原産

16世紀にイギリスに伝わり「太陽の花」と呼ばれ始めた

ロシアの国花

花が太陽の動きにつれて回ることから”日まわり”

実際には

「花首の柔らかい、つぼみのときだけ
 昼間、太陽の方向を向いて夜に向きを戻し
 成長して花が咲いてからは東を向く」

別名:「日輪草」(にちりんそう)「日車」(ひぐるま)

花言葉=「私の目は、あなただけを見つめる」

8月17日の誕生花

花言葉の由来

海の神の娘である海の精クリュティエ(クリティ)は
太陽の神アポロンに一目惚れをしました。

しかし、アポロンは女神カイアラピに
熱をあげていてクリュティエには目を向ける事がありませんでした

苦しい片想いに嘆き哀しみ
九日間も地面に立ち尽くしアポロンを見つめていました

日の出・日の入りまで、ただ真っ直ぐ
アポロン(太陽)を見つめ続け‥

その間にクリュティエが口にしたのは
冷たい露と自分の涙だけ・・・。

そしてクリュティエは向日葵になったという神話

この話には続きがあります
クリュティエがなぜアポロンに振り向いてもらえなかったのか‥

彼女がアポロンが愛していた
クリュティエの姉を生き埋めしたという話があります
妹が姉を殺めてしまったということです

しかし、アポロンが愛していたのは、
クリュティエの姉ではなく
オーチャマス王の娘レウコトエとされている話もあります

クリュティエはアポロンに可愛がられていました
しかし、アポロンの愛が次第に
レウコトエに向いていく事に、クリュティエは
オーチャマス王にアポロンとレウコトエの仲を密告

厳格な王は酷く激怒し、娘である
レウコトエを生き埋めにして殺めてしまいました

そのため、アポロンは密告した
犯人であるクリュティエを嫌う様になった


写真(植物・花) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加してますポチッと押して貰えると嬉しいです(m_m)
2015.07.31 | C:4 | T:0

Secret

TrackBackURL
→http://freeweeling.blog.fc2.com/tb.php/1210-550476db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。