スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- |

世界遺産 平等院


平等院にて

宇治市植物園を出て次に向かったのは

世界遺産平等院

10円玉と一万円札が、手元にあれば見て下さいね

こちらが平等院の入り口

駐車場の関係で、ここからは入らず南門から入りました



こちらが、10円玉に描かれている「平等院鳳凰堂

残念ながら、お盆休みと言う事もあり中には入れませんでした(人数制限)


永承7年(1052)、時の関白藤原頼通が

父 道長より譲り受けた別業を仏寺に改め平等院としました

この年は末法初年に当たるとされ末法思想が貴族や僧侶らの心をとらえ

極楽往生を願う浄土信仰が社会の各層に広く流行していました

その翌年の天喜元年(1053)には阿弥陀堂(鳳凰堂)が落慶し

堂内には、平安時代の最高の仏師定朝によって制作された

丈六の阿弥陀如来坐像が安置され華やかさを極めたとされています

約1000年前に建立された建造物や仏像が今に伝えられ

世界遺産にも登録されております

残念ながら観光客がいっぱいで真正面ショットが撮れませんでした





こちらは一万円札に描かれている鳳凰像(複製)

本物の鳳凰像は鳳翔館に収蔵されている

鳳凰とは*

中国神話の伝説の鳥、霊鳥である

日本や朝鮮など東アジア全域にわたって

装飾やシンボル、物語・説話・説教などで登場する

嘴は鶏、頷は燕、頸は蛇、背は亀、尾は魚で

色は黒・白・赤・青・黄の五色

日本では

前部が麟、後部が鹿、頸は蛇、背は亀、

頷(あご)は燕、嘴は鶏、尾は魚であるとされる

阿弥陀堂中堂大棟の南北両端部に設置されている金銅製の鳳凰像

北方像は総高235.0cm、像高98.8cm、総幅34.5cm

南方像は総高228.8cm、像高95.0cm、総幅44.5cm

撮影:PENTAX MX-1(HDR撮影)OLYMPUS SZ-14(鳳凰像


写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加してますポチッと押して貰えると嬉しいです(m_m)
2015.08.17 | C:4 | T:0

Secret

TrackBackURL
→http://freeweeling.blog.fc2.com/tb.php/1215-91d3d220
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。