スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- |



アートアクアリウム展~大阪・金魚の艶~

昨日と同じ水槽が全部で四つあり

それぞれ違う品種の金魚が泳いでました

桜・白和金

中国の晋の時代(西暦265~419年)

フナの突然変異である赤いフナ(緋鮒)が発見され

そのヒブナが全ての金魚の祖先となる。

その後、ヒブナの持つフナ尾から

三つ尾や四つ尾のいわゆる開き尾を持つ個体が突然変異で現れる

それが和金

日本には室町時代中期の文亀二年(1502年)

大阪の堺に和金が伝来したとされている

和金」は全ての金魚の原点種。

金魚すくいの定番品種



水泡眼(スイホウガン)★

中国で長らく門外不出とされていた品種

宮廷などの支配層のみが長く飼育保存していたが

新体制(王朝政の廃止)とともに一般にも広く知られるようになった。

日本へは昭和33年に初めて導入

風船のような水泡状の袋が特徴

中にはリンパ液が満たされている(日本では背ビレがないものが一般的)

英名:Bubble eye



土佐錦(トサキン)★

弘化二年(1845)から嘉永四年(1851)の頃

土佐藩士・須賀克三郎なる人物が

「おおさからんちゅう」と「琉金」の交配

(琉金の突然変異説もあり)により作出したと伝えられている。

昭和44年に高知県の天然記念物に指定

にほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加してますポチッと押して貰えると嬉しいです(m_m)
2016.07.09 | C:4 | T:0

Secret

TrackBackURL
→http://freeweeling.blog.fc2.com/tb.php/1272-cc2069a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。